Finest supporter

介護フランチャイズを利用して起業しよう|やさしい手の魅力とは

FC経営の展開

介護事業を始める

模型

「やさしい手」は、東京目黒区に本社機能を持ち介護事業を展開する企業です。
主に、訪問看護及び介護、在宅支援、入浴介助、ショートステイ、デイサービスなどの介護事業を主に展開し、介護職員の養成や住宅リフォームなども着手する企業なのです。
やさしい手はフランチャイズ事業も展開しており、フランチャイズパートナーを募集しています。
売り上げのロイヤリティを支払うかたちでやさしい手のフランチャイズ加盟店として事業を展開することが出来ます。
また、やさしい手に加盟するメリットは、今後拡大する介護ビズネスです。
しかし、すでに競争が激しくなり淘汰される企業も増えており、単独での起業が難しいとされています。
そんな中、すでに100店舗以上を展開するやさしい手の加盟店としてビジネスを展開するのであれば、経営は盤石となります。
起業後に3年継続率が低いとされる現在でも、すでに介護ビジネス大手として全国展開するやさしい手であれば、事業展開での高いノウハウを持っており、従業員育成や介護職員育成にも力を入れています。
1995年から22年の経験を持ち、元々家政婦や看護師の派遣を行っていたキャリアから信頼と実績を持つ企業のグループとして介護ビジネスを展開することが出来ます。
また、フランチャイズパートナーとして加盟する場合、セミナーも行っています。
これからの介護ビジネスに関する生き残り方などのセミナーが無料で参加できます。
詳しくはやさしい手のホームページにアクセスし、フランチャイズに関する情報を得ると良いです。

ハード・ソフトの支援

シニアと介護士

やさしい手は、地域密着の訪問介護サービスを中心としたフランチャイズを展開している介護事業主です。
創業から51年の実績とノウハウを活かした経営で、直営店も多数運営しています。
やさしい手は他業種からの参入に加え、自営業未経験者も参入しやすいように様々な支援を提供しているのが特徴です。
開業には、店舗を構える物件・介護スタッフ・看護スタッフ・地域住民への周知が必要です。
開業前からの支援には、物件選び・行政手続き・スタッフの求人や採用に関してのアドバイスもしています。
またフランチャイズなので各店舗の利益を伸ばすために、専門アドバイザーが適切な支援を行なっています。
やさしい手のフランチャイズ本部の特徴は、介護や経営の高い専門性を有している・介護事業所運営の実績が豊富であることです。
建築・設計のハード面とソフト面のノウハウを有していることも大きな特徴の1つです。
物件選びだけでなく、スタッフが働きやすい店内レイアウト・デイケア加盟店の場合には、スタッフや利用者や利用者家族のことも考えた過ごしやすいレイアウトを提案しています。
ソフト面は、システム導入による業務管理の簡素化を図っています。
やさしい手のフランチャイズに加盟を希望する際には、開業資金として300万円から600万円・1年から2年の運転資金として1,000万円から1,500万円が必要です。
効率的な人材活用と顧客確保で、速やかな資金回収を目指すことが可能です。

どのようなサービスか

食事

やさしい手は訪問介護をメイン事業として行っている会社で、社員は常勤で1200名程度、非常勤で4000名程度と非常に大きな会社です。
介護事業は今後も市場は拡大するといわれていますので、やさしい手の事業は今後も伸びていく事が予想されます。
やさしい手は全国に200店舗以上を構え、訪問介護事業では一定のシェアを取っています。
業者の選び方としては、まずはサービス内容と料金を比較する事が大切です。
また最も重要な点は介護の質と会社の教育体制です。
介護事業、特に訪問介護は介護士が介護される人や家族と相性が合わないと難しい業務になります。
さらには介護の仕方も人によって細かい所が違ってきます。
また、やさしい手はフランチャイズ展開も行っており、今後も店舗数は増加が期待できます。
地域に密着している企業として介護者にとってはメリットがあります。
また介護士や介護事業で独立を考えている場合は、このやさしい手のフランチャイズ制度を活用して独立する事も一つの選択肢です。
またやさしい手は介護職であるヘルパー2級の資格取得支援もしています。
企業の研修制度の一環でこの制度を利用する、または将来の独立の為に利用する事などが可能です。
やさしい手では、フランチャイズセミナーも定期的に行なわれているので、気になる場合は、参加をしてみてはいかがでしょうか。
細かい開業支援サービスは業者によって違いますが、フランチャイズの制度を利用して開業をする場合には、その特徴をとらえて、検討して行くことが大切です。